筑波大学生活支援学研究室
(徳田克己・水野智美研究室)


 筑波大学・生活支援学研究室は、子ども支援、子育て支援、保育者支援、
障害児・者支援、障害理解、盲導犬、バリアフリー、交通問題、企業研修、
夫婦げんか研究、マスコミ分析、教科書分析、絵本分析、医療者の子育て、
昔話研究、携帯メールの社会的問題、子ども・知的障害児のシンボルマーク
や看板の読み、弱視児の漢字、墓石・墓地、世界の物乞いなどに取り
組んでいます。
 特に最近は、歩きスマホの危険性、震災が幼児の心理的な問題に与える
影響、家庭教育の問題、子ども向け映像の教育的効果、母親や父親の
子どもへの関わり方、習い事、親の夫婦げんかが子どもに与える影響、
子どものいる家庭の病院へのかかり方、交通バリアフリー問題等について、
フィールドを重視した研究を行っています。


  〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
          筑波大学総合研究棟D棟727号室
          生活支援学研究室 (徳田克己、水野智美)
ktokuda@yahoo.co.jp
 
         
掲示板


イオンファンタジーが運営する
子育て支援サイト「キッズハグ」



徳田が創刊当時から連載している子育て応援マガジン
CouLeur(クルール)
のWEB版
連載は TOPICS → 子育て → 子どものココロ で閲覧できます。
とちぎ版   いばらき版   さいたま版  ぐんま版


中央法規から新しく出版された保育に関する本
ADHDのある子どもの保育

医療的配慮の必要な子どもの保育



筑波大学発ベンチャー企業
子ども支援研究所


日本障害理解学会


    子ども関係(親、保育者、一般市民対象)、障害者接客研修(接客業従事者対象)、
    障害理解(教師、保育者、出版社、一般企業、公共機関対象)、バリアフリー関係、
    臨床心理関係の講演依頼、原稿執筆、調査、指導などをお引き受けしています。
     生活支援学研究室では年間120件以上の依頼をお受けしています。
    まずはメールでお問い合わせ下さい。
          なお、申し訳ないのですが、団体、企業、学校・幼稚園・保育所、自治体など
   からの相談のみに対応しています。個人的な相談(心理相談、教育相談等)は
   受け付けておりません。

  研究室関係者の守備範囲(講演依頼、執筆依頼、情報提供の依頼を受けています)
   徳田克己 :育児や保育に関する保育者向け、保護者向け講演会、発達相談会
           企業や自治体に対する障害者接客研修、障害理解、バリアフリー
           統合保育、障害児保育、発達障害
   水野智美 :障害児保育、幼児に対する障害理解、絵本、発達障害、点字ブロック
           検定教科書や道徳副読本における障害,偏食

 
最近の話題     研究室メンバー    学会活動・調査活動    これまでに行った国・地域     


研究成果 
教授*徳田克己  准教授*水野智美


海外の変わった墓